忍者ブログ
  Calender
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  ☆☆☆☆ NEW NEWS ☆☆☆☆
  最新コメント
[03/08 W@TtaR]
[03/07 mado-chang]
[02/28 W@TtaR]
[02/28 めぐりん]
[02/28 W@TtaR]
  カウンター
  ともだちんこBLOG
2018/06/22 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/05/07 (Mon)
SNOWにもWAKEにもカメラワークが存在する。

今日は、みなさんに少し勉強してもらおうかな的な感じです

今期、WAKE DVDを編集しようと思っているので、一緒に乗船した方々に頼む機会があると思います。
そんな時の為に、是非参考にしてみて下さい。

基本形

 (アウト最大に出た時) (チョイ、アウトに出た時)    (スタート時)
1.jpg2.jpg3.jpg











四角の枠が、カメラのモニタと考えます。
① モニタ全体に対して人間は 1 / 3~4 程度の縦比率にします。
② カメラの上下動はしない。 (よく、飛んだ時、上方向に追いかけている人います)
③ 左右の動きも、極力左右に振らない。 (追い過ぎない)


6.jpg①の悪い例

人デカすぎ。 (特別な用途が無い時以外、ズームは使用しません)
ズーム使うと、ライダーを見失うし、ブレがひどいのです。
ただ、おまけ映像狙いの時は、ガンガン使用します(笑




4.jpg②の良い例

モニタ下を固定してる。
ライダーが飛んだ時、モニタ下を固定していても、全て撮れるのが1 / 3~4 程度の縦比率です。ライダーの技量によって比率を変えます。
あまりに引きでも、ライダーが、コメつぶみたいになってしま
                います。



5.jpg③の悪い例

ライダーがウェイキのアウトに出た図ですね。
左にフリすぎ。(斜線部の映像はムダな映像になってしまいます。)
ライダーをモニタのセンターで撮りたい気持ちは分かるが、追いすぎ。あくまで、アングルはセンター基準で。




カメラも、いろいろあるんですよ。
でも、この3点を知っているだけで、採用できる映像は格段に増えちゃうんです!!

みなさま、是非、ご協力下さい
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
絵が可愛くてステキです。
メグミ URL 2007/05/08(Tue)15:22:14 編集
えへへっ
適当な画でゴメンナサイ(笑

次回、もうチョットがんばります(笑
W@TtaR 2007/05/10(Thu)01:24:56 編集
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]